B.C Works BLOG 【木製バットのB.Cワークス】 bcworks.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

B.C ワークス代表 藤本英樹のWithSie(ウィズシー)な日々


by bc-works
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

限定モデル竹バット BCB-IS1(アイエスワン)について Vol.1


三連休皆さま如何お過ごしですか?
今日は天気も良くって気持ちいいですね~

良すぎて少し暑いくらい…
まだもう少し半袖でも大丈夫ですね。

仕事の方もいらっしゃるでしょうが、
野球をお楽しみの方も多いかと思います。
明日までしっかり楽しんでください!!


ではでは本題に入らさせて頂きます。

先日ご紹介させて頂きましたB.C Works【B.C ワークス】として、
初めて販売させて頂きます量産モデルの限定竹バット
BCB-IS1(アイエスワン)についてお話しさせて頂きます。

前回少しお話しさせて頂いたので、
何となく伝わっているかと思いますが、
ある目的をもってIS1(アイエスワン)は製作させて頂きました。

それは、
「普段ゲームで使用している金属バットと
 同じ感覚で扱える竹バットであること」


普段使用している金属バットと
同じ感覚で扱える竹バットがIS1(アイエスワン)です。
「普段と同じ感覚」というところにこだわって製作いたしました。


中高生は普段ゲームで金属バットを使用しています。
そして、オフシーズンを迎えると竹バットに持ち替え、
トレーニングに励みます。

その際に、
普段ゲームで使用している金属バットと
同じ感覚で扱える竹バットがあれば…

より「自分のいまを知る」ことが出来るのではないでしょうか?

それこそが真のトレーニングであると思います。


小学生のころから「高反発バット」が全盛で、
昔なら凡打の打球がヒットになり、
ヒットの打球がホームランになるいま…

高反発バットしか使用していない選手が目立ち、
最終的に「木製の壁」にぶち当たる選手が多く感じます。

68本塁打という過去最高の記録を樹立した今年の夏の高校野球大会。
その後のU-18日本代表にも「木製の壁」が立ちはだかりました。

多少先っぽで打とうが、詰まろうが、
ドアスイングであろうが高反発の金属バットは飛びますが、
木製のバットはボールを点で捉えなければ飛びません。


普段と同じ感覚で、
IS1(アイエスワン)を使用して、
ボールを点で捉える練習を行っていただければと思います。

f0341710_19572542.jpg

B.C Works Wood Bats
B.C ワークス 限定量産合竹バット(富山製)
2017年10月末頃より販売開始予定
Edistaa Bat【エディスターバット】
品番:BCB-IS1(アイエスワン)

素材:合竹
サイズ:83.5㎝/850g位から
価格:¥9,180(税込)
(本体価格:¥8,500)


画像はサンプルで実際はもっとマット調のカラーとなります。
金属バットを原型にしているので見た目も金属バット調にしております(笑

Edistaa Bat【エディスターバット】
BCB-IS1(アイエスワン)は限定量産モデル商品のため、
下記5店舗のみでの販売となります。


B.C Works Wood Bats
EDISTAA BAT【エディスターバット】
取り扱い販売店様


〒488-0832
愛知県尾張旭市東印場町2-4-5
水野スポーツ様
TEL:0561-54-2789

〒679-4129
兵庫県たつの市龍野町堂本62-8
スポーツショップ アント様
TEL:0791-62-2900

〒250-0875
神奈川県小田原市南鴨宮3-23-2
イトウスポーツ様
TEL:0465-48-2074

〒441-3147
愛知県豊橋市大岩町佃19
ヤマモトスポーツ様
TEL:0532-41-2834

〒705-0021
岡山県備前市西片上46-8
(株)WithSie様
TEL:0869-64-1031



気になる方がいらっしゃいましたら、
上記販売店様へお問い合わせ・ご予約下さいませ!
宜しくお願い致します!


by B.C Works フジモトヒデキ
B.C Works NIKKI
B.C Works Instagram
B.C Works Twitter
B.C Works facebook
B.C Works Tumblr





[PR]
by bc-works | 2017-10-08 15:54 | B.C ワークスのバット | Comments(0)