B.C Works BLOG 【木製バットのB.Cワークス】 bcworks.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

B.C ワークス代表 藤本英樹のWithSie(ウィズシー)な日々


by bc-works
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧



少し間が空いてしまいましたが、
わたくしB.C ワークスのノックバット
B.Cファンゴ アールモについてお話をさせて頂きたいと思います。

前回お話しさせて頂いた
B.C Worksとして初めて3種の素材を使って作ったノックバット
f0341710_18223076.jpg

この三本のノックバットを
ほろ苦デビューの試作品第一号を試打して頂いた方に
恐る恐る試してもらいに行ったところ…

これがかなりの高評価でして…
試作品第二号にしてようやくノックバットとして使用して貰えました(笑
少しだけ安心したのをよく覚えています。

ただ、ここからが本当のスタートです。
ようやくスタートラインに立てた訳ですね。

試打をして貰った感想は、
「このノックバットは良い。かなり良いバットです。
ただ、(B.C ワークスとしての)個性がないですね…」
という非常に有り難い言葉を頂戴したと思いました。

よい出来には仕上がったけれども、
B.C ワークスとしてはまだまだ販売できないと
私自身も思っていたので、このバットを基に色々と考えることが出来ました。

形状を考えるのももちろん大事ですが、
パッと見たときにB.C ワークスのノックバットだと判る
カラーリングが良いのでは?という意見も多く頂戴しました。

ただ、ナチュラルカラーのノックバット自体少ないですし、
ナチュラルカラーを使ってもらいたいという想いもあり、
でもこのままでは何だかありふれている気もしてですね。

バットのイラストを描いて色々試し塗りしてみた結果…
グリップとヘッドの境界付近のみ色付けする
f0341710_18481355.jpg

B.C ワークスのカラーリングが出来上がりました。
ナチュラル感を損なわず、B.Cらしいカラーリングが出来たのではないかと…

好き嫌いはあるかも知れないですが、シンプルながらパッと見たときに
B.C Worksのノックバットというのが分かりやすいので、
以来、試打用はこのセンターカラーを替えて製作していっております。
ただ、色の種類にも限界があるのでそろそろ打ち止めですが…(笑

スタンダードオーダーに関しても、
これが一番B.Cらしいということでこのカラーリングで、
センターカラーが変更できるのみの仕様としております。

カラーリングまでは出来たので、
あとは形状をあれこれと試すテスト用の製作…

f0341710_1991138.jpg

これが難しくも楽しい日々の始まりです!


ということで次回Vol.3へと続きます…


by B.C Works フジモトヒデキ
B.C Works NIKKI
B.C Works Instagram
B.C Works Twitter
B.C Works facebook
B.C Works Tumblr

[PR]
by bc-works | 2016-07-30 19:13 | B.C ワークスのバット | Comments(0)

ノックバットの話から少しそれてしまうのですが…

私がバットを作ってみたいと思ったのは、
もちろん海外ブランドのバットの魅力の虜になったってのもあるんですが、
一番はいまから5年前のこと。
とある大学の選手たちと学生コーチたちとの出会いがきっかけでした。

当時私はまだフジモト運動具店に居りましたので、
その時に良く遊びに来てくれていた某大学の学生たちは、
非常にバットにこだわりを持っている選手が多く、
こんなのはないか?あんなのはないか?と…
非常に楽しく私を悩ませてくれました(笑

当時からオールドヒッコリーバットをはじめ、
アメリカブランドのバットを取り扱っていたので、
もちろん当時から学生たちにオススメしていた訳であります。

気にいって貰いよく購入してくれていたのですが、
海外ブランド故に、○○モデルの○センチが欲しいと取り寄せをしても
すぐには手元に届かないのが欠点でした。

公式戦に間に合わなかったり、
非常に申し訳ないことをしておりました。

それは学生コーチたちのノックバットにも言えることでして…
何より、ノックバットはゲームバットに比べ選べるものが少ない。

あんなのはないか?こんなのがないか?と言われても
このくらいかな…?と、ゲームバットに比べると妥協せざるを得ず…
海外ブランドのノックバットは、弾きはいいが重いのが欠点…

一日に何百球も打つノッカーにとって、
やはり重いのは欠点であるが故に、
なかなか納得のいくものは見つかりませんでした。


そんな折、
「いいのが無いなら作って下さい!」とのこと…
「そりゃそうか!だったら作ればいいじゃん!」
と思ったのがバットを作ろうと思ったきっかけでございます(笑

そして、その当時の自分の考えで作ってみた
試作品第一号のノックバットを試してもらった結果は…

バランスも悪く打っても貰えません…
素振りしただけでアウト!というほろ苦いデビューでした…(汗


そして時は経ち…
私もウィズシーへ拠点を移しB.C Worksを起ち上げて2年目
試作品第一号が
f0341710_2284898.jpg

この3種の素材を使って作ったノックバット
これが、 B.C FUNGO Armo の始まりです。
f0341710_2304719.jpg

本当は張り合わせの合板ノックバット以外に、
一本木素材のノックバットも同時に発表したかったのですが、
一本木ノックバットに関してはまだ試作途中のためもう少し先になります。

長々となりますのでこの後はVol.2へ続きます…


by B.C Works フジモトヒデキ
B.C Works NIKKI
B.C Works Instagram
B.C Works Twitter
B.C Works facebook
B.C Works Tumblr

[PR]
by bc-works | 2016-07-15 06:34 | B.C ワークスのバット | Comments(0)